南紀ハマチ遊戯

黒潮大蛇行がなかった頃

2021年現時点ではまだ黒潮は蛇行していますが

今年は比較的南紀に当たっている感じに見えています。

蛇行がなかった頃は

例年5月に青物が釣れるイメージがありました。

周参見の1級磯に行ってみた

そんなイメージがある中

1度、周参見の1級磯に行ってみたいという

友人がいたので行ってみる事にしました。

1人釣行の場合は

その1級磯付近で泳がないと行けない磯に

ぱぱっと行っていました。

場所取りも必要なかったので。

ただ今回は友人の為に

1回は行かないとなという事で

夜中から用意。

ゆっくり時間に余裕をもって

ポイントに向かう為と

釣り座の確保の為に

早めから磯に入り釣りをする事にしました。

タックルはこんな感じ

自分のタックルはおなじみ

テイルウォークロッドです。

最近はハイタイドTZばかり使用していますが

南紀の磯はどんな魚が来るかわかりませんし

ちょっとした魚であれば

ぶら下げて抜いてしまえるので

南紀での釣りでは

マンビカver.2 110XHを多用しますね。

リールは
バイオマスターSW6000PE2.5号 
フロロリーダー14号としました。

ベイトはシラスっぽい

夜中からポイントを吟味。

波と潮位を見て

安全面も確保できる釣り座を確保。

友人が引っ掛けたベイトは

シラスっぽい

そこで考えたのは

ウォブルアクションが大きめのミノーで

マズメを攻略

その後は95サイズのシンペン等の

小型プラグで攻略を考えるプランとしました

バイトは突然に

友人はトップの鬼なので

基本トッププラグから攻略を考えますが

私は基本ミノーイングから入ります。

朝マズメはヒラスズキの可能性もあるので

サスケ剛力130からスタート。

足元を巻いたり沖の島周り等も含めて

広く探りました。

反応がないので青物狙いへ。

そのままサスケを沖に投げて巻くと

潮流が強く動きがバタつきます。

悪くはないのですが、

少しアピールが強すぎる様に感じました。

やはりエヴォルーツは裏切らない

そこで最近推している

エヴォルーツ120Fを投げてみます。

しぶとく投げていると

磯手前で突然のバイト!

そこまで大きくないですが

元気に引いてくれます。

予め考えていた場所に

誘導してぶら下げてキャッチ。

50cmのハマチでした。

友人のトップにも反応はあったようですが

乗り切らないよう。

右手の方でトップを投げている

アングラーにも反応が薄そうです。

モンスターショットの出番

そこでもうひとつサイズを落とし

モンスターショット95に変更

これが良かったのか

何投かするとまた激しくバイト!

これも先程と同じように

誘導してぶら下げてキャッチ。

これも50cm程のハマチさん。

金太郎飴状態ですが楽しい笑

どうもトップより巻物の方が

反応がいいんじゃないかと友人に伝え、

場所を譲ります。

自分は満足したので魚の処理。

友人もルアーを変えますが

慣れていないルアーだからか

うまくバイトが拾えないようでした

まさかの追加フィッシュ

もう時合終わったのかなー?と友人に話し

試しにまた

モンスターショットを投げてみます。

するとまた激しくバイト!

これまた金太郎飴状態で

50cm程のハマチでした笑

結果大きくはないものの、

3本のハマチを釣って納竿。

友人は初めての釣り場と強い潮流で

思うような釣りができないようでしたが

楽しかったようで何よりでした

,釣行記

Posted by nob